ホーム > 採用情報 > 先輩社員紹介 アパレル担当

デザインからの提案で、店頭で売れる商品をつくりたい 営業/アパレル担当 田中 絢子

失敗から学んだ対応力、提案力を活かして

商品のデザインやコスト、納期など、お客様のご希望に沿えずに、お叱りを受けることは多々あります。大口のオーダーで納期と品質に問題を起こしたこともありました。そうした経験から学んだのは、何事も、どんな時でも、慎重かつ適切に対処すること。さらに生産工程、素材、仕様などを学ぶにつれ、ニーズへの対応力がついてきました。お客様への提案の幅も広がり、また対処可能なことが増え、お客様から依頼をいただく機会につながっていると思います。

自社だけでなくお客様にも協力工場にもよい結果を

仕事を進めるうえで、協力工場の対応に感心、感謝することが多々あります。お客様の厳しい要求は、社内で検討し、工場の協力を得て、ようやく希望に沿ったデザイン・コストにたどり着きます。そうしてお客様と当社と協力工場の関係者すべてにとってよい結果につながることが一番だと思っています。まだ自分一人の力で何かを実現することは難しいですが、周囲の方々や工場の協力を得て仕事ができていることは、とてもありがたく感じます。

お客様への提案の幅を広げていきたい

まだ入社して間もないので、今は貪欲になんでも吸収するようにしています。まずは、お客様にご満足いただけるような企画・生産・コストを自分で組み立てられるようになることを目標にしています。私はデザインの専門学校で学んだ強みを活かし、特にヤングレディスのお客様を増やし、クラボウインターナショナルの企画商品をデザインから提案・営業しています。現在はニットカットが中心ですが、布帛 素材の知識も増やし、提案するアイテムの幅も広げていくため、社内のデザイナーと相談し、企画を検討しています。また今後は、海外生産にも対応できるよう、知識と経験を身につけたいと思っています。

クラボウインターナショナルの魅力

自分でやってみたいことをさせてもらえる

アパレル商材の原料から商品、さらには店頭での売れ行きまでかかわることができること、そして自分でやってみたいことをさせてもらえるのが魅力だと思います。知識や経験は、自分から望めば得られる環境です。たいていの仕事は時間と労力がかかりますし、成功体験はなかなか味わうことはできません。それでもアパレル商材にかかわる環境としては、幅広い商材・生産ルートを扱うことができ、多くの顧客と接することができるので、仕事や勉強を通じて自分を磨きたい人には申し分のない職場だと思います。

営業/アパレル担当 田中 絢子

2012年入社。大学卒業後、専門学校に進み、デザイナーの勉強をした。就職活動も当初は、アパレル会社のデザイナー志望。しかし、商品の素材から携われるメーカーに惹かれ、また海外でも仕事ができる環境を希望して入社を決意。

ページトップ